post

帰国前のご案内

Selamat Siang! チャイニーズニューイヤーの春節を迎え、再びまた少し混雑するバリ島です。ただ、例年ほどではないような。。。

ちょうどヌガラ帰省中に急なご連絡をいただきましたので、お迎えはできなかったもの、お帰りのご案内をさせていただきました。ウブドに滞在し、ヌサペニダ島にも足を伸ばしたお客様。ボートがサヌールに到着したので、サヌールのビーチからのスタートです。

Crown Fast Cruise社の小さなボート。ヌサペニダ-サヌール間は約45分。近いので日帰りでシュノーケリングやダイビングもできます。

到着は最終便の夕方17時過ぎ。ヌサペニダに一泊して、島の海をゆっくり満喫できるスケジュールです。ご出発はガルーダの深夜便なので、まだまだ時間があります。

サヌールは穏やかな街でローカルとの融合がしっかりしており、それはそれで面白いのですが、ウブドやスミニャックに滞在したならちょっと物足りないと感じるかもしれません(お店が少なめ)。

ということで、メイン通りのCafe Batu Jimbarへ。洋食もインドネシア料理もあれば、お茶やコーヒーでゆっくりな使い方もできる、サヌールのシグニチャー的カフェです☆彡

広いウッドテラスもあり、開放的な雰囲気。

プトゥもご馳走になりました。ありがとうございます。

このあとは、スパで軽くバリニーズマッサージ&シャワーでスッキリ!(´-`)
旅の疲れは帰国前に癒すの鉄則!マッサージももちろんですが、フライトでゆっくり眠るためにも汗を流して帰国準備。一番お勧めな帰国前の過ごし方です♪

またのお越しをお待ちしております(´∀`)ノシ

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

ツアーのご予約はお問合せはこちらから。

保存

保存

保存

post

バリ島旅行Tips:最終日の過ごし方

日本のホテルは午前10時頃チェックアウトのところが多いですが、バリ島のホテルは、どこもだいたい12時です。チェックアウトまでゆったり過ごせるのはリゾートならでは。ありがたいですね♪

でもガルーダ直行便の場合、大阪でも東京でも深夜過ぎの出発になるため、12時からだいたい9時くらいまでの時間をどう過ごすかを考えなくてはなりません。

空港近くのホテルではない場合、荷物持参での移動。トロピカル気候の中汗だくでは歩けない…。ホテルにより、追加料金でお部屋を使えるレイトチェックアウトサービスもありますが、ハイシーズンやピークシーズンは空きがなく、断られてしまうこともあります。ラウンジ利用のできる大型ホテルもありますが、これもシーズンによっては混んだり食事が割高になったりと、予算勝負な面も。

そんな時どうやって過ごすか?アイデアをまとめてみました。

1.最終日もお出かけ♪
空港送迎はホテル〜空港間のみですが、ツアーやカーチャーターにしてしまえば最終日も荷物を持ったまま楽々観光ができ、空港までお見送りできます。ツアーパッケージの半日コースも利用OKです!

棚田ジャティルイやタマンアユン寺院にも♪

2.お土産物屋さんへ♪
家族や友人、会社の人へのお土産をホテルで夜チェックしましょう。実は空港のお土産は、同じものでも料金高め。足りないものがあったらお土産物屋さんへGo!リーズナブルでバラマキ土産の豊富なお店にご案内いたします!

土産専門店は定価で交渉の必要もなく、リーズナブル♪

3.夕方にスパへ♪
夕方スパを利用すれば、癒しついでにそのままお風呂にも入れるので体スッキリ!ソカバリツアーからスパの予約手配が可能です(メニュー追加予定)。スパの後に軽く夕食を済ませることもできます♪

空港アクセスのよいスパがおすすめ!

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へにほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ